IDA Home

IDA Home リリース!!

長年に渡って得たすべての経験を利用して、プロのリバースエンジニアが期待するサポートの品質と応答性のレベルと迅速性、 信頼性を組み合わせたソリューションを愛好家の皆様に提案いたします。

IDA Homeは、最も一般的なプロセッサーファミリーをカバーする5つの異なるエディションで利用でき、 Luminaサーバーへのアクセスが可能です。 IDA Homeが32ビットまたは64ビットプロジェクトを実行するための最良のパートナーになることを願っています。

IDA Homeの主な機能

  • 32ビットと64ビットの両方のアプリケーションを分析する機能
  • 64ビットPC、ARM、およびPPCには、現在ベータテストモードにある互換性のあるクラウドベースの逆コンパイラが付属しています
  • Python 3をサポートする強力なIDAPythonスクリプトが含まれています
  • ローカルまたはgdbserverデバッガーが含まれています
  • 最も一般的なプロセッサから選択した1つのプロセッサファミリ:PC、ARM、M68K、MIPS、PPC
  • 年ごとのサブスクリプション
  • Named licenseのみ
  • Luminaサーバーへのアクセス
IDA ProとHomeの違いについてはこちらから

IDA Homeに関するよくあるご質問

●IDA Home には逆コンパイラは含まれていますか?
現在、IDA Home で使用できる最終的な逆コンパイラはまだありません。ただし、3 つのバージョン (64 ビット PC、ARM、および PPC) には、互換性のあるクラウドベースの逆コンパイラがベータ テスト モードで含まれています。 これらの逆コンパイラが機能するには、インターネット接続が必要です。
●バグを報告して修正を入手できますか?
はい、IDA Proと同じレベルのメールによるサポートが含まれています。
●SDKにアクセスできますか?
SDKはIDA Proのお客様のみが利用できますが、 IDAを拡張するスクリプトとプラグインを開発するためにIDAPythonの全機能を使用できます。
●コンパイルされたIDA Proプラグインは機能しますか?
通常は可能ですが、IDA Homeのエディションによっては一部の機能が欠落している場合があります。 サードパーティのサポートについては、プラグインの作成者にお問い合わせください。
●追加のプロセッサーを購入できますか?
いいえ、エディションごとに1つのプロセッサファミリしか使用できません。
●更新しないと使えなくなりますか?
はい。IDA Proとは異なり、IDA Homeの使用を継続するには更新が必要です。
●バッチ/ヘッドレスモードはサポートされていますか?
いいえ、それらの機能はIDA Proでのみ使用できます。
●職場やフリーランスで使用できますか?
いいえ、お金を稼ぐ場合(つまり、商用利用)、IDA Proが必要です。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール