IDA

IDA デバッガ

IDAへの動的解析の追加

逆アセンブラであることに加えて、IDAは強力で多用途のデバッガでもあります。 複数のデバッグ対象をサポートし、「リモートデバッグサーバー」を介してリモートアプリケーションを処理できます。

概要

IDAが稼働する3つのプラットフォーム(Windows、Linux、Mac OS X)でファイルをデバッグするのは簡単です。 リモートデバッグサーバーの能力のおかげで、あらゆるプラットフォームからあらゆる実行可能ファイルのデバッグを可能にすることができます。

どこからでも、何でもデバッグすることができます!
Mac OS Xの前に座って、別のマシン上で、あるいは仮想マシン内でさえも、Windowsプログラムをデバッグすることができます。

クロスプラットフォーム・デバッグは強力!

IDAのクロスプラットフォーム・デバッグには、次の特徴があります。

  • 即時デバッグ。デバッグセッションを開始するために分析が完了するのを待つ必要はありません。
  • ローカルプロセスとリモートプロセスの両方に簡単に接続できます。
  • 64ビットシステムのサポート。

詳細なデバッグ機能

他のプラットフォームから特定のプラットフォームをデバッグする方法の詳細は、次のとおりです。

対象プラットフォーム IDAはWindows上で動作
IDAはLinux上で動作
IDAはMac OS X上で動作
備考
Windows 32/64bit
ローカル/リモート リモート リモート 32bit Windowsプラットフォームでは、リモートのみ
Linux 32/64-bit
リモート ローカル/リモート リモート 32bit Linuxプラットフォームでは、リモートのみ。
サポートされるプラットフォーム:x86/x64/ARM32 Linux /ARM Android
OS X x86/x64
リモート リモート ローカル/リモート 32bit Mac OS Xプラットフォームでは、リモートのみ
iOS (iPhone and iPad)
リモート リモート リモート Appleのデバッグサーバーを介して、 iOS9.0以上およびiPadOS13.1以上でリモートデバッグアプリケーションをサポート
XNU
リモート リモート リモート Darwinカーネルデバッガ。 OSXカーネルモードデバッグは、VMware Fusionの組み込みgdbスタブを介してサポートされます (EFIファームウェアデバッグもサポートされます)。 Corellium およびktrwを介してサポートされるiOSカーネルモードのデバッグ。
Bochs
Bochsエミュレータ Bochsエミュレータ Bochsエミュレータ
GDBサーバー
GDBサーバー GDBサーバー GDBサーバー GDBサーバーベースのデバッガー。 VMWareを介したWindowsまたはLinuxカーネルのデバッグ、あるいはQEMUベースのデバッグにも特に便利。 現在(IDA 7.4)サポートされているプロセッサ:x86 / x64、ARM / AArch64、PowerPC、MIPS、Motorola 68k、Infineon TriCore、 およびRenesas RH850。
WinDBG 32/64-bit
リモート - - ユーザーモードとカーネルモードの両方のデバッグが可能。64bitデバッグもサポート。
Intel PIN
ローカル ローカル - Intel PINに基づいています。特にトレースに役立ちますが、通常のデバッガーとしても使用できます。
Android (Dalvik)
リモート リモート リモート DEXバイトコードとソースレベルのデバッグの両方が利用可能。 Linuxデバッガはネイティブコードも扱うことができることに注意。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール