製品検索:  最近見たソフト

IDAライセンスについて

IDAライセンスには有効期限はありません。いったんライセンスが付与されると、そのライセンスが未払い、違法コピー、 またはその他のライセンス違反のために取り消されない限り、ソフトウェアを使用することができます。 サポートやアップデートを受けることができる時間は限られており、最終的にはサポートプラン/アップグレードを通じて更新する必要があります。 最初にIDAライセンスを購入した際には、1年間のサポートとアップグレードが含まれています。

2020年5月にリリースされたIDA Pro 7.5では、IDA Starterの代わりにIDA Homeが導入されています。

IDAライセンスの種類

Named Licenses
特定の個人にライセンスされています。 ライセンスは1人のユーザーに割り当てられ、ユーザーの所有する最大3台のコンピューター(例えばラップトップコンピューター、 および2台のデスクトップコンピューター)で利用可能です。 1人のエンドユーザーのみがソフトウェアを使用する場合は、企業や大学でも利用できます。
Computer Licenses
特定のコンピュータに対するライセンスです。どなたでもそのPCで使用可能ですが、常時使用者は一人のみとなります。 この種類のライセンスは、物理的に人に縛られず、簡単にライセンスを再割り当てできるため、企業に適しています。
Floating Licenses(network licenses)
Floating Licenseは、一つの組織の無制限のコンピュータにインストールすることできます。 唯一の制限は、同時ユーザー数で、購入ライセンス数を超えてはいけません。 これを確実にするために、Floating Licenseはライセンス・マネージャを使用します。 管理者はライセンス・マネージャをダウンロードしてインストールする必要があります。 Floating Licenseは、ライセンスの使用状況を追跡するのに便利で、Computer Licenseよりも柔軟性があります。

ご注意:IDA Homeは、Named Licenseスキームの下でのみ提供され、年間サブスクリプションとして購入できます。 IDA Homeは、バージョン7.4で廃止されたIDA Starterに代わるものです。 アクティブなサポートライセンスを持つIDA Starterユーザーは、ライセンスを5つのIDA Homeライセンス (x86 / x64、ARM / ARM64、MIPS / MIPS64、PowerPC / PPC64、Motorola 68K / Coldfire)のいずれかに、またはIDA Proに無料で変更することが可能です。 法人のお客様のライセンスは自動的にIDA Proに変換されます。

Named Licenses Computer Licenses Floating Licenses
個人の利用
企業の利用
複数のユーザーによるシングルライセンスの使用   (※1)   (※2)   (※3)
複数のコンピューターにシングルライセンスのインストールが可能   (※4)   (※5)
ライセンスの特定のエンドユーザへの紐づけ   (※1)   (※9)   (※9)
複数のコピーを同時に実行可能   (※6)   (※6)   (※6)
ネットワーク接続が必要   (※7)
ハードウェアにロック   (※8)
サポート期間 1年間 1年間 1年間
ドングルが必要
有効期限 なし なし なし
  1. Named Licenseは特定のユーザーに割り当てられ、そのユーザーだけが使用できます。 通常、サポート期間中に別のユーザーへのライセンスの再割り当てが可能です(最大年2回)。
  2. Computer Licenseは、ライセンスがインストールされているコンピュータまたは仮想コンピュータの任意のユーザーが使用できます
  3. Floating Licenseごとに1つのソフトウェアを同時に使用できます。
  4. ユーザーは自分のラップトップコンピューターと2台のデスクトップコンピューターにソフトウェアをインストールできます。 (他のユーザーがこれらのコンピューターでソフトウェアを使用しない限り)
  5. ソフトウェアは必要な数のコンピュータにインストールできます(同じ会社内)。
  6. 複数のコピーは一度に1台のコンピュータでのみ実行できます。
  7. ライセンスサーバーへの接続が必要。オフラインで作業するためのライセンスを借りることは可能です。
  8. ライセンスサーバーのみがロックされています。
  9. Computer LicenseとFloating Licenseには、通常ライセンスを管理する人の電子メールが割り当てられます。 サポート期間中に電子メールアドレスを更新することが可能です(最大年2回)

IDAエディションについて

IDAには2つのエディションがあります。どちらのエディションでも64ビットWindows、Linux、およびMac OS Xで利用可能です。

IDA HOME
IDA Homeには、下記5つのバージョンがあり、それぞれが一般的なプロセッサフ??ァミリの1つをサポートしています。
x86/x64, ARM/ARM64, MIPS/MIPS64, PowerPC/PPC64, Motorola 68K/Coldfire
IDA Professional
60以上のプロセッサ・ファミリをサポートし、64-bitファイル(Intel x86-64コードを含む)もサポートします。

IDAは、Windows XPおよび一般的な32bitシステムでは動作しませんが、 WinXPでのリモートデバッグは可能です。

WinDbgデバッガバックエンドのサポートは、 Windows版のみで利用可能となっておりますので、ご注意ください。


IDAエディションの比較

IDA Free、IDA Home、IDA Proの主な違いは下記のとおりです。

IDA Free IDA Home IDA Pro
サポートされるプロセッサ x86/x64 x86/x64
ARM/ARM64
MIPS/MIPS64
PowerPC/PPC64
Motorola 68K/Coldfire
いずれかを選択
68ファミリ+ SDK / IDAPythonを介したカスタム
64bitファイルの分析
デバッガ x86/x64ローカルのみ(同マシーン) ローカル+ GDBリモートデバッガ ローカル+リモート
ファイルフォーマット PE, ELF, Mach-O プロセッサー固有のフォーマット 45以上+ SDK/IDAPythonを介したカスタム
デコンパイラのアドオン利用
(追加購入)
x86, x64, ARM, ARM64, PPC, PPC64, MIPS
永久ライセンス
商用利用可
フローティングライセンスが利用可能
Pythonスクリプト
ヘッドレス/バッチ分析
テキスト(ターミナル)UI
C++ SDK
Lumina関数データベースへのアクセス

Decompilerに関する注意

Decompilerは6つのプラットフォームでご利用いただけます。:x86、x64、ARM32、ARM64、PowerPC、PowerPC64

x64、ARM64、PowerPCおよびPowerPC 64の逆コンパイラはIDA Professionalのみで実行することができ、 x86とARM32の逆コンパイラは、IDA StarterやIDA Professionalの両方で実行することができます。

Decompilerには、制限事項がありますので、ご購入の前にこちらをご確認ください。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 免責事項/著作権/個人情報保護方針通信販売の法規に基づく表示/会社概要
Copyright © 2004-2020 worldsoft All Rights Reserved.

未掲載商品リクエスト ロイズリストインテリジェンス船舶動静情報(AIS) クラークソンズ船舶関連情報
定番おすすめ
  • avast! Antivirus
  • HDD Regenerator
  • Beyond Compare
  • Alcohol 120%
  • Fraps
  • Elcomsoft Co Ltd.
  • PDF-XChange Viewer
  • DVD2ONE
  • Maxqda
  • Highcharts
  • Global Mapper
  • Kiwi Syslog Server
  • SYSTRAN
  • Visual Assist X
人気急上昇フリーソフト
  • CCleaner
  • ImgBurn
  • IrfanView
  • XnView
  • iPrint
  • TeamViewer
  • Free YouTube Download