新着情報

IDA Pro 8.2SP1がリリース

Hex-Raysは、IDA Pro 8.2のService Pack 1(SP1)のリリースを発表しました。

2023年1月24日

SこのService Packは、主にバグ修正・リリースです。

[改善点]

RISCV:

  • 現在承認されているすべての拡張機能 (暗号化、予約待ち、一時停止、キャッシュ管理、状態有効化、ハイパーバイザーなど) を追加しました。
  • lui + auipc または addi のペアの取り扱いを改善しました。

UI:

  • 現在利用できないLuminaサーバーを指定できるようにしました。
  • キャレット(カーソル)の色を設定できるようにしました。

[バグ修正点]

デコンパイラー:

  • 変数の型を変更すると、デコンパイラーがクラッシュすることがありました。

eh_parse:

  • 最近のllvmベースのコンパイラー(15.x)でコンパイルされたx64 PEバイナリーは、多数のオフバイワンディスアセンブルエラーを持つ可能性があります。

IDAPython:

  • Windows上のPython 3.11.1がtypesや他の標準ネイティブ・モジュールのインポートに失敗する場合の回避策を追加しました。
  • PyQt5はPython 3.11で動作していませんでした。
  • エラー時に ida_hexrays.decompile() は ida_hexrays.DecompilationFailure を投げるか None を返すかわりに、常に None を返すようになりました。

RISCV:

  • 浮動小数点の変換命令と比較命令のデコードを修正しました。

ui/qt:

  • いくつかのXrefがコード化されている場合でも、"List cross-references to... "はコンテキストメニューに表示されなくなりました。
  • いくつかの情報待ちのダイアログを表示しないようにしました。

その他:

  • 一部のモトローラ68K命令のディスアセンブル時に発生する可能性のある内部エラー1112を修正しました。

IDA Proのご購入はこちらから

version8.2sp1のリリース詳細はこちらから