ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

Seasearcher

数量の確認

合計数量:0

カテゴリ

営業カレンダー

2023年2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
2023年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

XML Editorは、XML開発者とコンテンツ作成者のためのXML編集ができて、ほとんどのXML基準をカバーするXML編集ツールです。

oXygen XML Editor

商品コード:
100092280101~100092280504

-

メーカーへの確認が必要な製品です。見積依頼からお手続きください。

メーカー:
Syncro Soft SRL
JANコード:
10002026
関連カテゴリ:
開発&プログラミング > 開発ツール

【ライセンス×ライセンス種類】

oXygen XML Editor Professional【User License】 oXygen XML Editor Enterprise【User License】 oXygen XML Editor Academic【User License】 oXygen XML Editor Professional【Floating License】 oXygen XML Editor Enterprise【Floating License】
永久ライセンス+1年サポートメンテナンス付 要見積 要見積 要見積 要見積 要見積
年間ライセンス 要見積 要見積 要見積 - -
年間ライセンス更新 要見積 要見積 要見積 - -
サポートメンテナンス更新 要見積 要見積 要見積 要見積 要見積

XML Editorは、XML開発者とコンテンツ作成者のためのXML編集ができて、ほとんどのXML基準をカバーするXML編集ツールです。

【XML Editor特徴】
■Single-Source DITA Publishing
Oxygenには、DITAマップから最終出力(PDF、CHM、EPUBなど)に変換するための業界標準のDITA Open Toolkitが含まれています。またOxygenは、高品質のフィードバック対応WebHelpやモバイル向けWebHelpの生成にもすぐに対応できます。

■Structured XML Editing
ユーザーフレンドリーなインターフェースと、直感的な操作が可能な数多くのXML編集機能により、生産性と作業品質の向上をサポートします。

■Integrated DITA Open Toolkit
多数のフォーマット(XHTML、PDF、HTML、JavaHelp、Eclipse Helpなど)の出力を生成するためのツールはすぐに使用でき、Oxygenは最新バージョンのDITA-OTを含んでいます。
パワーユーザーであれば、高度なオプション(ANTビルドファイルのパラメータ指定、DITAVALファイルやProfiling Condition Setによるコンテンツのフィルタリング、カスタムビルドファイルの提供など)を使って変換を細かく調整することが可能です。

・DITA Map to WebHelp
標準的なDITA-OT変換シナリオに加え、OxygenではDITAマップをデスクトップおよびモバイルのWebHelpシステムに変換することができます。

・Structured XML Editing
ユーザーフレンドリーなインターフェースと、直感的な操作が可能な数多くのXML編集機能により、生産性と作業品質の向上をサポートします。

・Support for Showing Recent Content Items
以前に使用されたプロポーザルは、コンテンツ補完リストの最上位に昇格されるため、効率的な再利用が可能です。例えば、XSLTスタイルシートを編集する場合、XSLTとHTMLの要素のセット全体からごく一部を使用します。最近使った案がリストの上位に表示されるように並べ替えることで、次に使いたいときに見つけやすくなります。

・Content Completion Assistant for Documents Without a Schema
編集されたドキュメントに関連付けられたスキーマがある場合、Oxygenはそれを解析し、コンテンツ補完アシスタントを初期化します。ドキュメントにスキーマが関連付けられていない場合、編集されたドキュメントを調査してその構造を学習することにより、コンテンツ補完アシスタントが初期化されます。また、各文書タイプに使用するデフォルトのXMLスキーマまたはDTDを指定することができます。
なお、学習した構造はDTDファイルに保存することができ、今後の開発のためのスケルトンとして使用することができます。

・Configurable Content Completion Assistant Behavior
コンテンツ補完アシスタントの動作をカスタマイズするための設定が多数用意されています。たとえば、必要なコンテンツの生成を有効または無効にしたり、挿入後のカーソルの位置を変更したりすることができます。

・Content Completion Assistant for IDREFS
Oxygenは、IDREFまたはIDREFSタイプが指定されたコンテンツ補完案のリストの中で、最も新しい検証から収集されたID値を表示します。これは、DTDが関連付けられているドキュメントだけでなく、XMLスキーマまたはRelax NGスキーマが関連付けられているドキュメントでも機能します。

Search/Refactoring Support for ID/IDREFS
Oxygenでは、関連するDTD、XMLスキーマ、またはRelax NGスキーマを持つXMLドキュメント内のID/IDREFSに対する検索およびリファクタリング操作のサポートを提供しています。これらの操作は、テキスト・モードとオーサー・モードで利用できます。
テキストモードでは、検索/リファクタリング操作にアクセスする最も簡単な方法は、クイックアシストサポートを使用することです。IDまたはIDREFの内部にカーソルを置き、エディターの左側にある行番号のストライプから黄色い電球をクリックすると、この機能を利用できます。
・Highlight ID Occurrences in Text Mode
テキストモードでXML文書内のIDの出現を確認するには、ID宣言または参照の内側にカーソルを置くだけです。出現箇所はエディターの右側にある垂直のサイドバーでマークされ、マーカーをクリックすると特定の出現箇所に移動することができます。また、出現箇所は編集エリアでもハイライト表示されます。

・XML Quick Fixes
Oxygen Quick Fixサポートは、必須属性の欠落や無効な要素などの問題に対する迅速な修正により、XMLドキュメントに表示されるエラーの解決を支援します。クイック・フィックスは、XSD、Relax NG、またはSchematronスキーマに対して検証されたXMLドキュメントで利用可能です。 Oxygenは現在のエラーを自動的に分析し、ワンステップで解決できるようなクイック・フィックスを提案します。このクイック・フィックスは、テキスト編集モードとオーサー編集モードの両方で利用可能です。

・Support for Enumerations
コンテンツ補完アシスタントでは、トークンの列挙型を持つ属性や要素の値が提案されます。これは、XML Schema または Relax NG スキーマを使用するドキュメントで利用できます。

・Automatic Generation of Required Content
コンテンツ作成を高速化するために、Oxygenは要素に必要な属性やコンテンツを自動的に挿入します。以下の画像では、要素を選択するだけでサブツリー全体が生成される様子を見ることができます。これにより、最小限の労力で有効なコンテンツを作成することができます。

・Code Templates
ドキュメントフラグメントは、コードテンプレートによって編集中に定義し、再利用することができます。テンプレート・リストは、コンテンツ補完アシスタントでCTRL+SPACEのキーボード・ショートカットを使用して取得することができます。OxygenにはXSLT、XQuery、XML Schema、CSS用のすぐに使えるテンプレートが多数用意されていますが、あらゆる種類のドキュメントに対応する独自のコード・テンプレートを作成することもできます。また、テンプレートはExportやImportアクションを使用して他の人と共有することもできます。

・Resource Hierarchy/Dependencies View
XInclude と外部エンティティ機構を使用して参照される XML リソース間の関係は、Resource Hierarchy/Dependencies ビューを使用して可視化し、理解することができます。

・Update References of Moved or Renamed Resources
プロジェクト]ビューでXML、XSL、XSD、またはWSDLリソースの名前を変更または移動すると、Oxygenにはそのリソースの参照を更新するオプションが表示されます。リソース階層/依存関係]ビューでリソースを移動または名前変更した場合にも、同じオプションが利用できます。

・Matching Tag Highlight and Navigation
タグ名の内側にカーソルを置くと、開始タグと終了タグの両方に下線が引かれ、現在の要素に即座に焦点が当てられるようになります。コンテキスト・メニューのGo to Matching Tagアクションを使用して、一致するタグにカーソルを移動できます。OxygenにはXMLタグを簡単に識別して移動するのに役立つ様々なショートカットが用意されています。

・Automatic Editing of the Matching End-Tag
Oxygenでは要素の名前を簡単に変更することができます。XML要素の開始タグが編集されると、それに対応する終了タグが自動的に変更されるため、XML文書が「整形式/well-formed」に保たれ、キー入力の手間が省けます。

・Lock/Unlock XML Tags
XMLタグのロック/ロック解除オプションを使用すると、マークアップを偶発的な変更から保護し、テキストセクションの変更を制限することができます。これは、XML文書や固定マークアップを持つテンプレートを編集する際に、テキストの内容のみ変更を許可する場合に特に有効です。

・Folding
XML文書はツリーのような構造をしています。折りたたみにより、要素を折りたたみ、編集が必要な要素だけをフォーカスしたままにしておくことができます。Oxygenのユニークな点は、折りたたみが持続することです(次にドキュメントを開いたときに折りたたみが最後の状態に復元され、中断したところから作業を続けることができます)。XML以外のファイルでは、同じインデントを持つテキストブロックを折りたたむという方法がとられます。

・Optional Content Generation
新しいXMLドキュメントを作成する際、エディタは関連するスキーマやDTDで指定された必須要素に基づき、ルート要素のコンテンツを生成します。また、コンテンツ生成処理にオプションコンテンツや選択モデルを考慮させるための2つのオプションが用意されており、これによって新しいドキュメントに必要なコンテンツをより多く得ることができるようになっています。

■Visual (WYSIWYG) XML Editors
OxygenはCSSベースの視覚的編集機能を備えており、重要なXML文書フレームワーク(DITA、DocBook、TEI、XHTML)の多くをすぐに利用することが可能です。また、他の種類のXMLドキュメントを使用する予定がある場合、OxygenをカスタマイズするためのAPIが利用可能です。

・Generic Visual XML Editor
OxygenはあらゆるXMLドキュメントを視覚的に編集することができます。Oxygenはデフォルトで、コンテンツ・レビュー、変更追跡、プロファイリング、条件付きテキストの機能を備えており、これらは全てXMLボキャブラリーとは独立したものです。CSSスタイルシートによって駆動するOxygenは使いやすく、高度なカスタマイズが可能です。

・DITA Editor
Oxygenは、DITA 1.1、1.2、1.3規格をカバーする高度なDITA編集をサポートしており、XMLの知識が乏しいユーザーでも、ビジュアルなインターフェース(WYSIWYGワープロに類似)でDITA文書を編集できるようにします。DITA Open Toolkitパブリッシングエンジンは、アプリケーションにバンドルされています。

・Visual DocBook Editor
Oxygenを使用することで、Docbook 4およびDocbook 5ドキュメント(5.1を含む)を使いやすく、生産的に編集することができます。このパブリッシング・ツールには、WebHelp、EPUB、PDF、またはプレーン・HTMLを作成するための変換シナリオが含まれています。

・Visual TEI Editor
Oxygen XML EditorにはTeiのDTDとスタイルシートが含まれています。Oxygenのユーザー・インターフェースはワープロ・アプリケーションに似ているため(WYSIWYG)、TEI文書の作成と公開は非常に簡単です。

・Visual XHTML Editor
XHTML (Extensible Hyper Text Markup Language)はHTMLをより厳密に、よりきれいにしたもので、XMLとして記述されています。Oxygen XML EditorにはXHTMLのためのスキーマ、カタログ、テンプレートが含まれています。移行型または厳密なXHTML DTDに準拠したドキュメントを作成することができます。テキスト・モードでの編集に加え、OxygenはXHTML編集用に調整された従来のワープロ・アプリケーション(WYSIWYG)に似たユーザー・インターフェースも提供しています。

■Extensible XML Editor
Oxygen XML EditorはDocument Type Associationのコンセプトを利用して、フレームワークやXML言語に対してすぐに使えるサポートを提供します。Document Type AssociationのコンセプトはOxygen XML Editorで使用され、最も一般的なXMLフレームワーク(DITA、DocBook、XHTML、TEIなど)の組み込みサポートを提供します。さらに重要なのは、これを使用して、他者と共有可能なユーザー定義のカスタム・フレームワークにサポートを提供することができる点です。

・Default Schema
特定の文書タイプに合致する文書の検証や内容補完支援に使用するデフォルトのスキーマを指定することができる。このスキーマは、XML文書自体の内部でスキーマが指定されている場合は上書きすることができます。現在のスキーマ言語はすべてサポートされています(DTD、XML Schema、Relax NG、ISO Schematron、ISO NVDL)

・Default CSS Files
オーサリングモードでの編集時にOxygenのスタイル設定に使用されるデフォルトCSSおよび代替CSSを含むCSSファイル群を指定することができます。ドキュメントをスタイルするためのメインCSSを1つ選択し、レイヤーのように動作する複数の代替CSSスタイルと組み合わせることが可能です。

・Custom Actions
オーサー・モードでは、ツールバー、メニュー、コンテクスト・メニューに表示されるカスタム・アクションを定義することができます。これらのアクションは一般に、ドキュメント・タイプが記述する特定のフレームワークにXMLマークアップ(リスト、リスト・アイテム、テーブル、テーブル行、テーブル列など)を挿入するためのサポートを追加するものです。Oxygenはほとんどのアクションを実装するために使用できる一連の操作を提供します。必要であれば、Javaで独自のオペレーションをコーディングし、それを使ってアクションを定義することも可能です。

・Document Templates
ドキュメントのテンプレートを保存しているフォルダを指定することができます。これらのテンプレートは、新規ファイル作成ダイアログボックスに自動的に表示され、定義されたドキュメントタイプの新しいドキュメントを簡単に作成することができます。

・XML Catalogs
任意のドキュメントタイプについて、リモートリソースをローカルコピーに解決するXMLカタログを指定することができます。これにより、これらのリソース(スキーマ、スタイルシートなど)に迅速にアクセスできるようになり、また、ローカルリソースを明示的に指すようにXMLドキュメントを変更することなくオフラインで作業できるようになります。

・Default Transformation Scenarios
XMLドキュメントをHTML、WebHelp、PDFなどのさまざまな形式に変換するためのデフォルトの変換シナリオを指定することができます。

■XML Databases
Oxygen XML Editorでは、データベース・サーバへの接続を通じて、データベースに対してXQuery/XPathクエリーを実行することができます。データベースを探索する専用のビューのコレクションは、データベース・パースペクティブのレイアウトにまとめられています。

・Database Perspective
データベース・パースペクティブを使用すると、データベースからテーブルまたはコレクションの参照、XQueryまたはSQLクエリの実行、データの検査または修正、XMLフィールドおよびコレクションに対するXMLスキーマの指定が可能です。

・IBM DB2 XML Support
IBM DB2 Pure XML データベースのサポートは、複数サーバー接続、リソース管理、XML スキーマ登録、XQuery および SQL の実行、テーブルデータの編集を含みます

・eXist Support
eXistデータベースのサポートは、複数のサーバー接続、XQueryの実行、リソース管理、編集を含みます。

・MarkLogic Support
MarkLogic XMLデータベースのサポートには、複数のサーバー接続、XQueryの実行とデバッグ、リソース管理、WebDAVを介した編集が含まれます。

・Oracle Berkeley DB XML support
Oracle Berkeley DB XMLデータベースのサポートは、リソース管理と編集、XQueryの実行、およびデバッグ/プロファイリングを含みます。

■Review Tools
Oxygenには、チームの他のメンバーとのコラボレーション能力を向上させる、様々な便利なレビュー・ツールが搭載されています。レビュー機能には、変更点の追跡、様々な理由によるコンテンツのマーク、コンテンツへのコメントやコメントスレッドの追加、レビュー機能の管理、コメントや変更点の検索などの機能があります。

・Change Tracking
変更履歴管理は、ドキュメントに加えられた変更の履歴を管理する方法です。変更履歴を有効にすると、挿入や削除された内容がハイライト表示され、影響を受けた箇所を簡単に特定することができます。追跡された変更は、ドキュメントの横に表示される吹き出し(バルーン)で表現され、変更された内容を示す接続線が表示されます。 Oxygenには高度な変更履歴管理機能もあります。属性値や要素の切れ目(分割)に対する変更の記録を保持し、再利用されるコンテンツ(DITAコンテンツ参照、XIncludeモジュール、外部エンティティなど)からの変更もレンダリングします。

・Multiple Authors Support
Oxygenは、複数の著者による変更をサポートしており、各著者の変更を異なる色でレンダリングします。
各変更に対して、Oxygenは作者とその変更が実行された日付を保存します。現在変更を行っている作成者の名前と色は、吹き出しの設定ページでカスタマイズすることができます。また、変更点にコメントを追加したり、コメントに返信したり、完了の印をつけたりすることができます。
・Change Management
自分や他の作者が行った変更を確認し、コンテクストメニュー、ツールバー、レビューパネルからアクションを使用して承諾または拒否することができます。

・Review Comments
XML文書に注釈を付けると、Authorモードでコメントが横書き(吹き出し)で表示され、作者やコメント時間などの付加情報も表示されます。
コメントのサポートは、特定の文書タイプ(DocBookやDITAなど)に限定されません。Author編集モードで開かれた文書であれば、どのような文書でも使用できます。コメントデータは処理命令としてXML文書に格納されるため、XMLツールチェーンに干渉することはありません。
アプリケーションツールバーおよびコンテクストメニューから、コメントアクションにアクセスできます。これらには、コメントを追加、編集、削除するためのアクションが含まれます。コメントが存在する場合、そのコメントに返信したり、完了の印をつけることもできます。これは、チームの他のメンバーと共同作業する際に便利です。
・Review Panel
レビューパネルでは、XML ドキュメント内のすべての挿入、削除、コメント、ハイライトを簡便に監視することができます。この便利なツールは、同じプロジェクトで作業しているすべての編集を集めて管理する必要がある大規模なチームにとって、特に便利です。レビューパネルでは、さまざまなレビューアクションや検索フィルターが利用できます。
・Review Color Highlights
カラーハイライト機能を使用すると、文書内の重要な断片を強調するデジタルマーカーを作成することができます。特に、追加作業が必要な部分や、他の人の注意を引く必要がある部分をマークしたいときに便利です。

・Search Operations in Comments or Reviews
Oxygenは、大量のトピックが含まれる大規模なプロジェクトにおいて、追跡された変更とレビューの管理を簡素化します。実際の制作環境では、変更とレビューの数は数百から数千を簡単に超えることがあります。Oxygenは、現在編集中のドキュメント・レビューと、プロジェクト・ファイルからの過去のレビューや変更の両方を表示することができます。

■XML Validation and Well-Formedness Check
・XML Well-Formedness Check
「整形式」XML文書は、正しいXML構文を持っていることを意味します。整形式のチェック」アクションは、ドキュメントがXML構文規則に準拠しているかどうかをチェックします。
・Validate Documents
有効なXML文書とは、"Well-Formed "であり、文書型定義(DTD)、XMLスキーマなど、XML文書の構造を定義するスキーマの規則に適合していることです。
XML文書を作成する際には、エラーが発生する可能性があります。大規模なプロジェクトや膨大な数のファイルを扱うと、エラーが発生する確率が高くなります。プロジェクト内のエラーを特定し、解決するのは時間がかかり、フラストレーションが溜まるものです。幸い、Oxygenにはエラーを迅速かつ容易に特定する機能が備わっています。
・Validate XML Documents Against W3C XML Schemas
Oxygenは最新バージョンのXerces-J XMLパーサーを統合し、XMLスキーマに対するドキュメントの妥当性検証を行います。Xercesは最高のオープン・ソースXMLパーサーとして広く認められており、多くのエンタープライズ・サーバで使用されています。

・Validation Scenarios
Oxygen Validation Scenariosは非常に強力で、XMLマークアップやXML関連技術を扱う際の多くの重要な問題を解決します。また、モジュールで作業し、1つのアクションで複数の検証を実行することができます。
デフォルトでは、ドキュメントの検証はプロセッサ(XMLパーサ、XSLTトランスフォーマー、XQueryエンジンなど)を使用して現在のファイルを解析することで行われます。検証シナリオでは、検証するファイル群、各ファイルで使用するプロセッサ、連続検証を行うかどうかを指定できます。モジュールで作業する場合、メインファイル(そのモジュールを参照しているファイル)に対して検証を行うことができ、また、様々なファイルや様々なプロセッサーで複数の検証を行うことができます。

・Working with Modules
大きな XML ドキュメントを複数のファイルに分割し、 外部エンティティを使用してそれらのファイルをメインドキュメントにマージすることにしたとします。これらのファイルの1つを編集する場合、メイン・ドキュメントが有効であることを確認したいと思うでしょう。Oxygen Validation Scenariosでは、現在のファイルのみを検証するのではなく、メイン・ドキュメントを検証することができます。したがって、現在のファイルは、そのメイン・ファイルのコンテキストで検証されます。
・XSLT stylesheets, as is the case with many other XML-related
XSLTスタイルシートは、他の多くのXML関連技術(XQuery、Relax NGなど)と同様に、それ自体は無効であっても、他のファイルにインポートまたはインクルードされるコンテキストでは有効であることがあります。例えば、XSLTスタイルシートで、現在のファイルでは定義されていないテンプレートや変数を参照することができますが、そのXSLTスタイルシートを含むメインファイルでは定義されているものです。この場合、XSLTモジュール単体で検証すると、その名前のテンプレートや変数が存在しないというエラーが発生します。しかし、Oxygenのカスタム検証シナリオを使用して、このモジュールを含むメインのXSLTスタイルシートを検証すれば、そのようなエラーは発生しません。

・Context-Sensitive Content Completion Assistant
Oxygenはコンテンツ補完アシスタントにより、要素、属性、属性値のリストを提供します。利用可能なすべての項目(例えばドキュメントのXMLスキーマで定義されたすべての要素名)を提供する他のエディタとは異なり、Oxygenでは現在の編集コンテキストで有効な項目のみが表示されます。したがって、XML文書は常に有効であり、ユーザは要素間の関係に関する専門的な知識を必要としません。
・Multiple Validations in One Action
XML技術の中には、XML SchemaやXSLTプロセッサのように複雑なものもあります。公開を前提としたドキュメントや、どのエンジンを使っても動作するはずのドキュメントを編集する場合、それらが使われるであろうすべてのエンジンに対してチェックすることが最善です。Oxygen Validation Scenariosでは、実行する複数の検証を指定し、それぞれの検証でどのエンジンを使用するかを指定することができます。例えば、スキーマを編集する場合、OxygenがサポートするXMLスキーマ・プロセッサは6つあり、その他のプロセッサを外部プロセッサとして追加することも可能です。Oxygenは1つのアクションですべてのプロセッサに対してスキーマの検証を行います。そのため、どのプロセッサを使用してもスキーマが動作することを簡単に確認することができます。

・Suppose that you have a set of XML instance documents and you want
確認しながらスキーマを変更する場合を考えてみましょう。Oxygen Validation Scenariosでは、複数の検証(各インスタンス・ドキュメントとスキーマ・ファイル)を設定でき、1つのアクションで実行されます。これにより、スキーマが有効であることを確認し、インスタンス・ドキュメントが更新されたスキーマに対して有効であることを確認することができます。

・Working with Modules and Multiple Validation
モジュールを扱う場合、様々なコンテキスト(メイン・ファイル)でモジュールを再利用することも一般的です。Oxygenでは、検証シナリオで複数のファイルを検証対象に設定できるため、モジュールが使用されているすべてのコンテキストで検証を行うことができます。したがって、モジュールを使用するすべてのメイン・ファイルを指定し、1つのアクションで、そのモジュールがすべてのコンテキストで有効であることをチェックすることができます。

・Continuous Validation
Oxygenは、編集されたドキュメントを修正する際に、継続的に検証エラーを報告するように設定することができます。自動検証を有効にする]オプションを選択すると、設定可能な遅延時間の後、入力中に検証エラーが自動的に表示されます。
編集エリアの下部には、カーソル位置に最も近いエラーの説明がメッセージとして表示されます。

・Error Markers and Overview Ruler
連続検証で発生したエラーも含め、エラーの位置にはアンダーラインが表示されます。また、編集ビューの右側には、エラーの場所を素早く移動できるオーバービュールーラーが赤色で表示されます。

・Multiple External Validation Engines
OxygenはXerces、LIBXML、XSV、Saxon SA、MSXML4.0、MSXML .NET、SQCなど様々な外部検証エンジンをビルトインでサポートしています。
これらのあらかじめ設定されたエンジンに加えて、独自のカスタム検証エンジンを追加することも可能です。

・Schematron Support
Oxygenは、Schematronスキーマ、XMLスキーマ、またはSchematronルールを埋め込んだRelax NGスキーマを使用したXMLドキュメントの検証を行うことができます。Schematronスキーマの編集と検証もサポートされています。
Oxygenは検証のために、Schemron 1.5準拠のSkeleton XSLTプロセッサを使用します。
様々な検証フェーズを定義しているスキーマの場合、Oxygenは自動的にダイアログ・ボックスを表示し、検証フェーズを選択することができます。
また、OxygenはSchematron Quick FixesとISO Schematronもサポートしています。

・Schematron Quick Fixes
Schematron Quick Fixes(SQF)は、Schematronスキーマに対して検証されたXMLドキュメントに現れるエラーを解決するために、解決策を提案するものです。Schematron Quick FixesはSchemron言語の拡張であり、Schemronのエラーメッセージに対する修正を定義することができる。Schematron Quick Fixは、Schemronファイルまたは別のファイルで直接編集することでカスタマイズできます。

・Editing ISO Schematron Schemas
OxygenにはSchematronエディターがあり、名前空間を分析し、編集されたSchematronスキーマがISO Schematronであるかどうかを自動的に検出します。また、ISO Schematronの要素、属性、値の候補を表示するコンテンツ補完アシスタントを提供し、継続的に検証を行います。

・Editing Support for Embedded ISO Schematron Rules in XML Schema
OxygenはXMLスキーマを編集する際、コンテンツ補完アシスタントを使用して、xs:annotationおよびxs:appinfo ISO Schematronの内部で提案を行います。これにより、Schematronの埋め込みルールがより簡単に編集できるようになります。

・Validating XML Documents Against ISO Schematron
OxygenはISO Schematronスキーマに対する検証をサポートしており、リクエストによる検証、継続的検証、バッチ検証を行うことができます。

・Validating XML Document Against ISO Schematron Embedded Rules
ISO Schematronのルールは、他のスキーマに埋め込むことができます。Oxygenでは、Relax NGスキーマやXMLスキーマに組み込まれたISO Schematronルールに対する検証を行うことができます。

・Support for Abstract Patterns and Included ISO Schematron Schemas
Oxygenはsch:includeを通じて、抽象的なパターンや他のISO Schematronファイルへの参照を含むISO Schematronスキーマもサポートします。

・Schematron Diagnostics and Reports
Schematronスキーマによって報告される診断メッセージは、他の検証エラーと一緒に表示されます。Schematronのレポートメッセージは、警告として表示されます。

・Option for Using Saxon EE (Schema Aware) for Schematron
ISO Schematron スキーマまたは Schematron 1.5 スキーマで使用される XPath 2.0 チェックは、Saxon B の代わりに Saxon EE で実行し、Saxon EE のスキーマを考慮した機能を利用することも可能です。Saxon EEプロセッサはSaxon Bプロセッサの拡張版で、Oxygenソフトウェア・パッケージにバンドルされています。

・XML Catalog Support
XMLカタログはスキーマの場所とスキーマドキュメントのローカルコピーの間のマッピングを定義します。たとえば、デフォルトのDocBookドキュメントは、OasisのウェブサイトにあるDTDを使用します。これは、DTDを毎回ダウンロードする必要があるため、各検証に時間がかかることを意味します。このプロセスを高速化するために、Oxygenではデフォルトのフレームワークにいくつかのカタログを使用し、アプリケーションを最初に実行したときに自動的にセットアップされるようになっています。

・Validate with XML Schema While Allowing External Entities
外部エンティティをサポートしないことは、XMLスキーマの弱点として知られている。スキーマを参照しながら、外部エンティティを定義できるDTD宣言を含む文書があります。Oxygenでは、DTDも指定されている場合でも、指定されたXMLスキーマに対して検証を実行するよう設定できるため、XMLスキーマと外部エンティティを共存させることができます。

・Validate XML Documents Against DTDs
Oxygenを使用すると、指定されたDTDに対してXMLドキュメント・インスタンスを検証できます。

・Validate XML Documents Against Relax NG Schema
Oxygenを使用すると、Relax NG(XML構文とコンパクト構文の両方)およびNamespace Routing Language(NRL)スキーマに対するドキュメントの検証を簡単に行うことができます。

・Extended Batch Validation
Projectビューで現在選択されている複数のファイルを、ツールバーまたはコンテキストメニューから1つのアクションでスキーマファイルに対して検証することができます。サポートされているスキーマは、XML Schema、Relax NG、NVDL、Schematron、または Schematron ルールが埋め込まれた XML Schema/Relax NG スキーマです。これにより、プロジェクト内のファイルをグループ化し、バッチとして検証することが容易になります。
・Error Reporting and Error Tracking
エラーは情報ペインで報告され、問題の深刻度、位置情報(行番号、ファイルパス)、および説明的なメッセージが表示されます。エラーペインでエラーをダブルクリックするだけで、ドキュメントエラーを追跡することができます。エディターは対応するファイルを開き、エラーのある場所にジャンプしてハイライト表示します。

・Control the XML Parser Features
Oxygenでは、検証に使用されるパーサー設定の一部を制御することができます。XMLパーサーの機能は、XMLパーサーの環境設定ページで設定することができます。

■XML Databases
Oxygen XML Editorでは、データベース・サーバへの接続を通じて、データベースに対してXQuery/XPathクエリーを実行することができます。データベースを探索する専用のビューのコレクションは、データベース・パースペクティブのレイアウトにまとめられています。
データベース・パースペクティブを使用すると、データベースからテーブルまたはコレクションの参照、XQueryまたはSQLクエリの実行、データの検査または修正、XMLフィールドおよびコレクションに対するXMLスキーマの指定が可能です。
・IBM DB2 XML Support
IBM DB2 Pure XML データベースのサポートは、複数サーバー接続、リソース管理、XML スキーマ登録、XQuery および SQL の実行、テーブルデータの編集を含みます。

・eXist Support
eXistデータベースのサポートは、複数のサーバー接続、XQueryの実行、リソース管理、編集を含みます。

・MarkLogic Support
MarkLogic XMLデータベースのサポートには、複数のサーバー接続、XQueryの実行とデバッグ、リソース管理、WebDAVを介した編集が含まれます。

・Oracle Berkeley DB XML support
Oracle Berkeley DB XMLデータベースのサポートは、リソース管理と編集、XQueryの実行、およびデバッグ/プロファイリングを含みます。

■All XML Standards Support
Oxygen XML Editorが提供する、あらゆるXML標準をカバーする専用エディタをご利用ください。各エディタに特化したビューと操作により、XMLスキーマ、CSS、XSLT、WSDL、RelaxNG、Schematron、Ant、XQueryなど、あらゆる種類のXMLドキュメントやその他のファイルの編集に対応しています。

■XSLT & XQuery Debugging
Oxygen XSLT Debuggerは、最も一般的なXSLT変換エンジンであるSaxonとXalanを使用して、XSLスタイルシートに起こりうるバグを発見するのに役立ちます。 XPath動的評価、XPath式へのステップ、テンプレート、ノード・スタックなどは、デバッグの観点から提示される情報の一部に過ぎません。

・XSLT Debugging Perspective
Oxygenでは、デバッグ・モード用に特別なレイアウトが用意されています。XMLソースとXSLTスタイルシートを並べて表示し、XSLTデバッグ専用のビューとツールバーも提供します。

・Debugging XSLT Stylesheets
Oxygenは、最も一般的に使用されているXSLTプロセッサであるXalanとSaxonをベースにしたXSLTデバッグ・サポートを提供しています。デバッグの設定は、デバッグ・シナリオを通じて再利用することができます。

・Performance Profiling of XSLT Stylesheet
XSLT プロファイラー機能の使用は、パフォーマンスの問題を特定する時間を短縮し、XSLT 変換のスケーラビリティとパフォーマンスを向上させるために不可欠です。

・XSLT Unit Testing
OxygenはXSpecをベースとしたXSLTユニット・テストをサポートしています。XSLTスタイルシートのテスト・ケース・シナリオを簡単に作成することができます。

■WSDL (ウェブサービス記述言語)
Oxygenは編集とオンライン・テストの両方をサポートするWSDLエディタを提供しています。幅広い検索やリファクタリング・アクション、XMLスキーマ・ドキュメントと統合された強力なWSDLドキュメンテーション・ツールを使用することができます。

・WSDL Editor
WSDLエディタでは、WSDLドキュメントが有効かどうかのチェック、専用のコンテンツ補完アシスタント、コンポーネント指向のアウトライン・ビュー、検索やリファクタリング操作などをサポートしています。
・WSDL Refactoring
OxygenはWSDLドキュメントのコンテンツをリファクタリング/再編成するために設計された幅広いアクションを提供します。専用の操作により、コンポーネントの宣言や参照先を素早く検索し、名前を変更することができます。

・WSDL SOAP Analyzer
記述子を定義した後、定義されたメッセージがWebサービス・サーバーに受け入れられるかどうかを検証することができます。Oxygenでは、現在編集中のWSDLファイルとWebサーバーで公開されているリモートWSDLファイルの2種類のテスト方法が用意されています。

・WSDL Documentation
Oxygen WSDLドキュメンテーション・ツールを使用すると、包括的な注釈や相互参照を含むWSDLコンポーネントの完全なドキュメントをHTML形式で簡単に作成することができます。WSDLドキュメントで定義されたサービス、バインディング、ポート・タイプ、メッセージを列挙した簡単なドキュメントを生成することができます。

【ライセンスについて】
Professional版とAcademic版ライセンスの機能は同じです。

Eterprise版
Professional版加えて、Enterprise版では商用データベース (relational and native XML) と SharePoint CMS のサポートが提供されます。
User licenseとFloating licenseがあります。
*Floating licenseは永久ライセンスのみ


試用版ダウンロードはこちら


メーカーの製品サイト
http://www.oxygenxml.com/xml_editor/

【種別】シェアウェア
【言語】英語
【動作環境】Windows 10 and Windows 11/macOS Sierra (10.12) and later/Linu