ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

Seasearcher

数量の確認

合計数量:0

カテゴリ

営業カレンダー

2022年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

PostmanはAPIを構築し利用するためのAPIプラットフォームです。

Postman

商品コード:
10012657*1201~10012657*1203

-

メーカーへの確認が必要な製品です。見積依頼からお手続きください。

メーカー:
Postman Inc.
JANコード:
10000018
関連カテゴリ:
開発&プログラミング > その他

【ライセンス種類】

Postman Basic Postman Professional Postman Enterprise
要見積 要見積 要見積

PostmanはAPIを構築し利用するためのAPIプラットフォームです。
PostmanはAPIライフサイクルの各ステップを簡素化し、コラボレーションを合理化することで、 より優れたAPIをより早く作成できるようにします。

●●Postman API リポジトリ●●
すべてのAPIアーティファクトを1つのプラットフォームで簡単に保管、カタログ化、共同作業ができます。
Postmanは、APIの仕様、ドキュメント、ワークフローのレシピ、テストケースとその結果、メトリクス、 その他APIに関連するあらゆるものを保存・管理できます。

==APIのための単一の真実の情報源==
Postmanは、APIライフサイクル全体を通して、すべてのAPIアーティファクトを格納する、 バージョン管理されたクラウドベースの一元的なリポジトリを提供します。
Postmanプラットフォームのすべてのツールはこのリポジトリを使用するため、 APIのための単一の真実の源が確保されます。
APIリポジトリは、プラットフォーム上に組み込まれたガバナンス機能によって、 チームや組織がメトリクスを収集し、洞察を見出すことを可能にします。
PostmanのデスクトップおよびWebアプリケーションは、個人用、チーム用、公開用のワークスペースを介して APIリポジトリに接続します。

また、Postmanにあらかじめ組み込まれた統合機能により、APIリポジトリを他の製品やツールに接続することも できます。

PostmanのAPIリポジトリを使用すると、単一のAPIであってもAPIランドスケープ全体であっても、 APIライフサイクル全体をよりシンプルに、整理して、拡張することができます。

■APIビルダー
PostmanのAPI Builderを使用すると、OpenAPI、GraphQL、RAMLなどの仕様を通じて、 API設計ワークフローを簡単に実装することができます。
API Builderは、設計からデプロイまでのAPIライフサイクルを管理し、 さまざまなソース管理、CI/CD、ゲートウェイ、APMソリューションと統合することが可能です。
全てを1つの場所で提供可能!

■Gitのネイティブサポート
PostmanのネイティブGitサポートにより、API Builderはソースコードリポジトリに接続し、 コードと一緒にAPIドキュメント、テスト、および仕様を自動的に維持します。
開発者は、設計・開発・テスト時に、IDE、Postman CLI、プロキシ、リンティングツールなどの ローカルツールで使用するために、ローカル開発フォルダ内のAPIアセットにアクセスすることができます。

■プライベートAPIネットワーク
Private API Network は、お客様のチームまたは組織のみが閲覧できる中央カタログで、 お客様の API に最適な可視性を提供します。
Private API Network はバージョン管理をサポートしており、ネットワーク内の API を複数のバージョンで 管理することができます。
さらに、APIを階層的なフォルダーに整理して、組織のニーズを反映させることができます。

*Private API NetworkはPostman Enterpriseプランでのみ利用可能です。

Private API Network は、チームが内部で使用するワークスペース、コレクション、 API の中央ディレクトリを提供します。
Postmanチームはこれらのリソースにアクセスし、すぐに利用を開始することができます。
Private API Networkを利用することで、組織全体の開発者が1つの場所でAPIを発見、利用、 追跡することが可能になります。

Private API Network のワークスペース、コレクション、API は、Postman チームに所属するログインした ユーザが見ることができます。
チームに所属していないユーザーは、これらのリソースを見つけたりアクセスしたりすることが できません。

品質管理対策として、チームはオプションの承認プロセスワークフローをオンにすることができます。
この承認ワークフローは、API Network Managerのロールを持つ指定されたユーザーのみが、 Private API Networkに要素を追加できることを保証します。
オプションの承認プロセスワークフローを 使用しない場合、ワークスペース、コレクション、または API の編集者ロールを持つ任意のユーザーは、 プライベート API ネットワークにそれを追加できます。

■パブリックAPIネットワーク
PostmanのPublic API Networkは、世界最大のパブリックAPIハブです。
Public API Networkでは、公開ワークスペースを介して組織の公開APIを簡単に共有できるだけでなく、 Salesforce、Microsoft、Googleなどの企業が提供する何千もの公開APIを発見することも可能です。

■検索
Postmanプラットフォームの強力な検索機能で、APIユニバース内のあらゆるものを検索できます。
PostmanはAPIリポジトリ全体を検索し、APIやコレクション、ワークスペースを即座に見つける手助けをします。

●●API リポジトリ●●
すべてのAPIアーティファクトを1つのプラットフォームで簡単に保管、カタログ化、共同作業ができます。
Postmanは、APIの仕様、ドキュメント、ワークフローのレシピ、テストケースとその結果、 メトリクス、その他APIに関連するあらゆるものを保存・管理できます。

■APIのための単一の真実の情報源
Postmanは、APIライフサイクル全体を通して、すべてのAPIアーティファクトを格納する、 バージョン管理されたクラウドベースの一元的なリポジトリを提供します。
Postmanプラットフォームのすべてのツールはこのリポジトリを使用するため、 APIのための単一の真実の源が確保されます。APIリポジトリは、 プラットフォーム上に組み込まれたガバナンス機能によって、チームや組織がメトリクスを収集し、 洞察を見出すことを可能にします。
PostmanのデスクトップおよびWebアプリケーションは、個人用、チーム用、 公開用のワークスペースを介してAPIリポジトリに接続します。

また、Postmanにあらかじめ組み込まれた統合機能により、APIリポジトリを他の製品やツールに接続することも できます。

PostmanのAPIリポジトリを使用すると、単一のAPIであってもAPIランドスケープ全体であっても、 APIライフサイクル全体をよりシンプルに、整理して、拡張することができます。

●●ガバナンス●●
Postmanのガバナンスに対するフルライフサイクルアプローチは、採用企業が開発手法を変更し、 より質の高いAPIを実現し、開発者チームとAPI設計チームのコラボレーションを促進することができます。

■APIガバナンス
PostmanのAPIガバナンス機能は、開発者チームを教育し、開発者が生活するツール内でAPI設計ルールを伝達する。
API設計チームは、業界のベストプラクティスと組織固有のリンティングルールの両方を組み合わせることができ、 そのすべてに開発者がアクセスできる。このガバナンスに対するフルライフサイクルのアプローチにより、 採用企業は開発手法を変更し、より質の高いAPIを実現し、開発者チームとAPI設計チーム間の コラボレーションを促進することができます。

●●ワークスペース●●
Postman のワークスペースは、API 作業を整理し、組織や世界をまたがるコラボレーションを支援します。
個人用、チーム用、パートナー用、パブリック用の4種類のワークスペースがあり、 ニーズに合わせて選択できます。

■パーソナルワークスペース
個人用ワークスペースは、個人で集中的に作業するために設計されています。
API を扱うために必要な全てのツールが含まれており、リアルタイムで同期されるため、 異なる Postman インスタンス間、Postman のデスクトップ版とウェブ版間で シームレスに移動することができます。

個人用ワークスペースは全てのPostmanプランで利用可能です。

■チームワークスペース
チームワークスペースを使用すると、ワークスペース内の API 作業にチームメンバーを 招待して共同作業を行うことができます。
ワークスペースのメンバーにワークスペースまたは要素レベルでロールを割り当てることで、 アクセス制御を維持します。
ワークスペースのメンバーは、エレメントへのコメント、エレメントの使用と変更、 既存のエレメントからのフォークも可能です。

ワークスペースに特定のチーム メンバーだけを招待したい場合は、 プライベート ワークスペースを作成します。
プライベートワークスペースを作れば、簡単にできます。

Postmanは全ての変更のバージョン履歴を保存するので、チームワークスペースに招待した人は、 安全かつ効果的に共同作業を行うことができます。

チームワークスペースは、各プランによって人数が異なります。

■パートナー・ワークスペース
パートナー・ワークスペースは、企業が自社のAPIを使用して製品やサービスを構築するために パートナーを招待するためのものです。ワークスペースは、共有され、安全で、管理された空間を提供します。
ワークスペースはリアルタイムで更新され、API の変更についてパートナーに通知します。

*Partner WorkspacesはEnterpriseプランで利用可能です。

■パブリック ワークスペース
公開ワークスペースを利用すると、APIを全世界に公開することができます。

すべての公開ワークスペースは、Postman Public API Networkを通じて検索・アクセス可能です。
公開ワークスペースを利用して、APIに関するフィードバックを集めたり、開発者を迅速に取り込んだり、 作品を展示したりすることができます。

●●インテグレーション
Postmanはソフトウェア開発パイプラインの最も重要なツールと統合し、APIファーストの実践を可能にします。
また、PostmanプラットフォームはPostman APIやオープンソーステクノロジーによって拡張可能です。

■ソースコードレポジトリ
リポジトリと統合することで、APIとソースコードを一緒にイテレートできます。
PostmanのAPI Platformは、複数のワークフロー、機能ブランチ、タグをサポートしています。

・GitHub
*GitHub Enterprise Server統合はPostman Enterpriseプランでのみ利用可能です。

Postman to GitHub integration を使って、Postman コレクションを GitHub (Git リポジトリのクラウドベースのホスティングサービス) にバックアップしましょう。

GitHub integration をセットアップするには、GitHub personal access token を生成し、 コレクションをバックアップする方法を設定する必要があります。

・GitLab
GitLab Self-Managed integrationはPostman Enterpriseプランでのみ利用可能です。

Postman to GitLab integration を使って、Postman Collections をオープンソースの Git リポジトリマネージャである GitLab にバックアップしましょう。

GitLab integration をセットアップするには、GitLab Personal Access Token を取得し、コレクションをバックアップする方法を設定する必要があります。

・Bitbucket
Postman の Bitbucket integration を使えば、 チームの Postman Collections をバックアップすることができます。

・Azure DevOps
Azure DevOps Server(オンプレミスでホストされている)統合は、 Postman Enterpriseプランでのみ利用可能です。

Postmanでは、Postman to Azure DevOpsインテグレーションにより、 Postman APIをオープンソースのGitリポジトリマネージャであるMicrosoft Azure DevOpsに 同期することができます。

Azure DevOps統合をセットアップするには、Azure Devopsで認証し、コレクションのバックアップ方法を 設定する必要があります。

■CI/CD
Postman Collections は、ローカルで開発している場合でも、CI/CD パイプラインで 自動テストを実行している場合でも、API のテストを書くのに最適な方法です。
Postman は複数の CI/CD ツールをサポートしており、開発中の品質維持に役立ちます。

・CircleCI
CircleCIは、クラウドベースの継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー(CI/CD) プラットフォームです。
ソフトウェア開発チームは、ビルドジョブの実行、テストの自動化、 および複雑なワークフローの編成にCircleCIを使用しています。

・Travis CI
Travis CI は、ソフトウェア開発チームがコードの変更を自動的にビルドおよびテストするために使用する 継続的インテグレーション (CI) プラットフォームです。Travis CI を使用することで、 開発者は変更の成功に関するフィードバックを即座に得ることができます。

・Jenkinsとの統合
Postman にはフル機能のテストサンドボックスが含まれており、API の JavaScript ベースのテストを 書いて実行することができます。その後、Postman 用のコマンドライン収集ランナーである Newman を使って、Postman を CI/CD ビルドシステムと統合することができます。

■クラウド/インフラストラクチャ
API Platformの重要な要素は、プロダクションスタックのインフラストラクチャをサポートすることです。
AWSのAPI Gatewayのサポートも開始しました。

・AWS API Gateway
PostmanのAPIダッシュボードで、AWS API Gatewayの最近のデプロイメントとステージを確認できます。
新しいブランチングとタグ付け機能を活用し、APIの進化のどの時点からでもOpenAPI定義を ゲートウェイにデプロイできます。

・Azure API マネジメント
Azure API Management の各サービスのデプロイメントを表示します。
リビジョン履歴、変更履歴、エクスポート履歴を見ることができます。
また、PostmanからAzure API ManagementにAPI定義をエクスポートすることができます。

■モニタリング
Postmanは、APIを効果的に監視するための複数の統合機能をサポートしています。
アプリケーション監視(APM)ツール、通知システム、インシデント管理、分析システムなど多岐にわたります。

~APM/ITOps~
・ニューレリック
PostmanのモニターからNewRelicにデータを送信し、すべてのAPIパフォーマンスデータを1箇所に集約します。
様々なサービスのメトリクスをPostman Dashboardで直接確認できます。

・Datadog
モニターのランメトリクスをDatadogに送信します。
Datadog上のカスタムダッシュボードも利用可能です。

・スプランク
モニターの実行指標をSplunkに送信します。

・ライトステップ
LightstepをPostmanのモニターに接続すると、詳細な情報を含むアラートが表示されます。

・BigPanda
BigPandaをPostmanモニターに接続し、アラートのトリガーや解決を行います。

・Coralogix
Postmanモニターの結果をCoralogixに取り込み、APIパフォーマンスと他のメトリックスをトラッキングします。

~Notification and messaging~
・スラック
共有チャンネルでPostmanモニターからのアップデートを受け取るか、個人的な通知を直接送るかを選択できます。

・Microsoft Teams
モニターの実行結果をMicrosoft Teamsに送信できます。

・カスタムWebhooks
モニター実行のイベント時に、カスタムURLでWebhooksを受信できます。
また、コレクションへのあらゆる変更に対してWebhookを設定することもできます。

・Microsoft Power Automate
Postmanモニターを構成して、Microsoft Power Automateのフローをトリガーできます。

~Incident management and alerting~
・オプスジェニー
モニタリングの実行中にテストに失敗した場合、アラートをトリガーし、成功した場合は自動的に 終了させることができます。

・PagerDuty
Postmanモニタの実行結果に基づいてPagerDutyイベントをトリガーし、アクノリッジします。

・Splunk On-Call
Postmanモニターに基づいてインシデントをトリガーし、解決します。

・ステータスページ
応答時間などのメトリクスをStatuspageに送信し、障害発生時にインシデントを作成・伝達します。

■Postman API を使って独自の統合を構築する
Postman API エンドポイントを使えば、Postman アカウントに保存されているデータに プログラムから簡単にアクセスできるので、Postman を開発ツールチェーンに統合するのに役立ちます。

■Postmanはオープンソースで構築されています
Postmanはオープンソースの技術で構築されています。
つまり、PostmanやAPIワークフローを好きなように拡張することができます。
開発者や組織がどんな環境やワークフローでも柔軟にAPIを扱えるように、 創業当初からPostmanランタイム、Postmanコレクションフォーマット、 そしてSDKをオープンソース化しました。

また、FHIR、PSD2、OpenTravel、Open Insuranceなどの業界標準もサポートしています。

●●Postman Enterpriseについて●●
Postman Enterprise主な機能
Postman Enterpriseは、Postmanを大規模に展開する必要があり、エンタープライズクラスのサポート、 セキュリティ、信頼性、アップタイムを必要とする企業向けに設計されています。

■API ガバナンス
チームは始める前にガバナンスのガイドラインを知ることができます。
これにより、APIは高品質で一貫性があり、APIランドスケープにうまく統合されていることが保証されます。

■APIセキュリティ
APIセキュリティは、開発者がAPIの設計、構築、テスト、デプロイを行っている同じプラットフォーム上で ガイドラインとルールを提供し、既存のワークフローを変更する必要はありません。

■プライベートAPIネットワーク
お客様の組織のAPIの中央カタログは、バージョン管理をサポートしており、 ネットワーク内のAPIの複数のバージョンを制御および管理することができます。

■パートナーワークスペース
PostmanのPartner Workspacesでは、パートナーを招待し、共有され、安全で、 管理されたスペースで製品やサービスの構築に取り組んでもらうことができます。

■シングルサインオン
Postmanとアイデンティティプロバイダを接続し、ユーザーがPostman Enterpriseに安全にアクセスできるように します。
Postman Enterpriseは、Okta、OneLogin、Duo、Ping Identity、AD FS、GSuite、 さらにはカスタムSAMLなど、最も一般的なIDフォーマットをサポートしています。

■SCIMのサポート
組織全体のライセンスプロビジョニングとデプロビジョニングを自動化します。
SCIMにより、組織全体にPostmanを効率的に展開し、IDプロバイダを介してアクセスを制御することができます。

■デプロイメントコントロール
Postman Enterpriseをサイレントかつシステム全体にインストールし、デバイスにインストールする方法と 場所を制御するための設定を行います。

■ドメインキャプチャ
組織のドメインまたはサブドメインで作成されたすべてのPostmanユーザーアカウントを特定し、管理します。
ユーザーを1つのPostmanチームに統合します。

~Postman Enterpriseのメリット~ Postman Enterpriseは、開発チームに合わせて拡張できるように構築されています。 そのAPIプラットフォームは以下を実現します。

■高い生産性
APIのための単一の真実の情報源
API、ソースコード、定義ファイル、テスト、パフォーマンス測定、ドキュメント、セキュリティ監査など、 APIに関連するあらゆるものを1つの場所に保管し、社内チーム、パートナー、および一般向けに きめ細かいセキュリティ制御が可能です。

■より迅速な発見と全社的なカタログ
企業がAPIを発見し、探索するための単一の場所を提供します。APIを作成する側と利用する側が、 Postmanの中で新しい取り組みに協力することができます。

■APIテクノロジーのサポート
PostmanはREST、SOAP、WebSocket、gRPC、およびGraphQLをサポートしています。
Postman API Platformは、開発者があらゆるAPI技術を簡単に扱えるようにし、 開発チームが次世代の製品やサービスを構築するための単一プラットフォームを実現します。

■素晴らしい品質
・テストの自動化
新しいPostman CLIを使ってコマンドラインで直接テストを自動化し、結果をPostmanにプッシュして デバッグやレポート作成ができます。

・容易なサーフェスと迅速な統合
一貫性のあるコード、ドキュメント、テスト成果物により、チームは再利用可能なコンポーネントを より早く特定でき、新製品やサービスの開発期間を短縮できます。

・主要なCI/CDシステムとの統合
API Builderは、Gitをネイティブサポートしており、CI/CDパイプライン内で簡単にテストを自動化し、 開発ライフサイクルのより早い段階で問題を検出することができます。


【Postmanライセンスについて】
■Postman Basic■
API の設計、開発、テストをより迅速に行うためのチームとのコラボレーション。

機能:
【APIを設計、開発、テストするためのコアツール】
APIクライアント
APIビルダー
APIテスト
APIモックサーバ
APIモニタリングコール
Postman APIへのコール数(月):10,000回
インテグレーション:10回

【API Discovery and Collaboration】
Public API documentation
プライベートAPIドキュメント
画像埋め込み:100MB
カスタムドメイン:1回
ワークスペース

【Platform Security and Administration】
削除されたコレクションを復元する:30日間
Security token scanner

【API Governance and Security】
OWASP ruleset

【Support and Customer Success】
サポート:メール

■Postman Professional■
APIワークフロー全体を一元管理します。
機能:
【APIを設計、開発、テストするためのコアツール】
APIクライアント
APIビルダー
APIテスト
APIモックサーバ
APIモニタリングコール
Postman APIへのコール数(月):100,000回
インテグレーション:50回
Native Git Support
API監視のための静的IPアドレス

【API Discovery and Collaboration】
Public API documentation
プライベートAPIドキュメント
画像埋め込み:100MB
カスタムドメイン:5回
ワークスペース
プライベートワークスペース

【Identity and Access Management】
役割と権限
シングルサインオン:Google Workspaces

【Platform Security and Administration】
削除されたコレクションを復元する:90日間
Audit logs
Audit log API
Security token scanner

【API Governance and Security】
OWASP ruleset

【Support and Customer Success】
サポート:メール

■Postman Enterprise■
APIファーストの開発を安全に管理し、整理し、大規模に加速させます。
機能:
【APIを設計、開発、テストするためのコアツール】
APIクライアント
APIビルダー
APIテスト
APIモックサーバ
APIモニタリングコール
Postman APIへのコール数(月):1,000,000回
インテグレーション:100回 (企業向けインテグレーションを含む)
Native Git Support
API監視のための静的IPアドレス

【API Discovery and Collaboration】
Public API documentation
プライベートAPIドキュメント
画像埋め込み:100MB
カスタムドメイン:25回
ワークスペース
プライベートワークスペース
パートナー用ワークスペース
プライベートAPIネットワーク
レポートと分析

【Identity and Access Management】
役割と権限
シングルサインオン:SSO Providers and SAML
User provisioning (SCIM)
ユーザグループ
Domain capture

【Platform Security and Administration】
削除されたコレクションを復元する:90日間
Audit logs
Audit log API
Security token scanner:カスタムアラート付
Super admin role
Deployment制御

【API Governance and Security】
OWASP ruleset
Custom rules builder
リクエスト検証エンジン
スキーマ検証エンジン
改善ガイダンス

【Support and Customer Success】
カスタマーサクセス:専用機
サポート:プライオリティメール:1営業日以内に回答




試用版ダウンロードはこちら(試用期間30日)


メーカーの製品サイト
https://www.postman.com/

【種別】シェアウェア
【言語】英語
【動作環境】Windows: 7 and later are supported、Mac:OS X El Capitan (10.11+), Linux: Ubuntu 14.04 and newer, Fedora 24 and newer, and Debian 8 and newer.