ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

Seasearcher

数量の確認

合計数量:0

カテゴリ

営業カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2022年6月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※赤字は休業日です

Agisoft Metashapeは、デジタル画像の写真測量処理と3D空間データを作成するスタンドアロンのソフトウェアです。

Agisoft Metashape

商品コード:
100117500101~100117500201

-

メーカーへの確認が必要な製品です。見積依頼からお手続きください。

メーカー:
Agisoft
JANコード:
10011750
関連カテゴリ:
マルチメディア > 3D・CAD
マルチメディア > 画像編集

【Professional版/Standard版×ライセンス種類】

Professional Standard
Node-Locked license 要見積 要見積
Floating license 要見積 -

※旧 Agisoft PhotoScan

Agisoft Metashapeは、デジタル画像の写真測量処理と3D空間データを作成するスタンドアロンのソフトウェアです。GISアプリケーションや文化遺産の文書化、視覚効果の作成など、さまざまなスケールのオブジェクトの間接測定に使用する3D空間データを作成します。

デジタル写真測量技術は、コンピュータビジョン法で実行する自動処理システムなので、写真測量分野の初心者だけでなく、ワークフローの特別なタスクやさまざまなタイプのデータを処理するプロにも適しています。

さまざまなケーススタディにより、Metashapeは品質と正確な結果が証明されています。

Agisoft Metashapeは、写真測量技術を極限まで高めるエンジンコアと、後処理や分析作業において機械学習技術に依存した業界特有の結果を提供するシステム全体からなる、最先端のソフトウェアソリューションです。

Metashapeは、マルチカメラシステムを含むRGBまたはマルチスペクトルカメラからの画像を、高密度点群、テクスチャ付きポリゴンモデル、ジオリファレンス付きトゥルーオルソモザイク、DSM/DTMという形で価値の高い空間情報に処理することが可能です。さらに後処理を行うことで、モデルから影やテクスチャーのアーチファクトを除去し、植生指標を計算し、農機具動作マップの作成、高密度点群の自動分類などの情報を抽出することができます。

Metashapeの超高速・高精度
Metashapeは、Agisoftが開発した最先端の技術に基づき、非常に高速な処理を可能にし、同時に安定した高い精度を提供します。
空撮、近接撮影ともに3cmまで、1mmまで対応可能です。

Metashapeのローカルまたはクラウドでの処理
Agisoft Metashapeは、分散処理機能により、ローカルクラスタ全体で5万枚以上の写真を処理することが可能です。
また、ハードウェアへの投資を最小限に抑えるために、プロジェクトを簡単にクラウドに移行することもできます。
Metashapeの直感的なUI & ステレオモード
パッケージソフトは、リニア プロジェクトベースのワークフローで 直感的に操作でき、簡単にマスターできます。プロのフォトグラメトラーも、専門家でなくとも高度な機能の恩恵を受けることができます。ステレオモードと完全な 結果の精度をコントロールすることができます。また、処理終了時には詳細なレポートが作成されます。

Metashapeの新しいクラウドベースのメッシュ生成アルゴリズムはアウトオブコアスタイルで実装されており、以下のようなメッシュモデルを生成することが可能です。数億のポイントを持つ高密度のクラウドを、1台のマシンで実現することができます。適度なRAM容量で実現しました。
このポリゴンモデル生成手法は、手動で編集した密な点群やインポートした密な点群、または指定した密な点群クラスのみをメッシュ再構築に使用するプロジェクトに適しています。

Metashapeの処方マップの計算 およびエクスポート
Matashapeでは、ソフトウェア内で生成されたNVDIオルソモザイク、または外部ソースからインポートされたオルソモザイクに基づく処方マップの算出が可能です。メタ情報には、その地域で使用される肥料率と、指定されたゾーンの平均インデックス値が保存されています。各植生帯の指標値の範囲は、NDVIヒストグラムを基に自動計算または手動で設定可能です。

Metashapeでは、改良されたAgisoft Viewerがスタンドアローンとしてリリースされました。写真測量結果(タイルモデル、ポリゴンモデル、点群、標高モデル、オルソモザイクなど)を視覚化するためのソフトウェアです。アジソフト Viewerは、幅広い地理空間データフォーマットに対応しています。異なるフォーマットのデータ 同時に表示させることができ、複数のソースを組み合わせて処理することができます。
ソフトウェアツールは、注釈付きのベクターレイヤーを作成し、距離を実行することができます。プロファイル、面積、体積の測定が可能です。

Metashapeは、航空画像処理に最適なツールです。
Metashapeのプログラムの機能は、急速に発展するUAS産業が設定したタスクに従って、常に開発されています。 Metashapeは、プロフェッショナルレベルのポストプロセッシングツールであることが証明されています。 高密度な点群の生成と分類を行い、さらに高度な点群を生成することができます。
詳細なDSM/DTMの計算や高解像度のシームレスオルソモザイクのエクスポートはもちろん、精密なポリゴンモデルの再構築も可能です。 大規模な対象物の UAVシステムから始まるGISワークフローに欠かせない存在です。

Metashapeで作成された高精度なDEMは、正確なDEMを作成するための土台となります。掘削物や杭の面積や体積を測定することができます。

【Agisoft Metashape Professional Edition機能】
■写真測量による三角測量
Agisoft Metashapeは様々なタイプの画像処理をします。
(航空写真(直下、斜め)、近距離写真、衛星写真)
自動キャリブレーション:フレームカメラ(魚眼を含む)、球面カメラ、円筒カメラ
マルチカメラプロジェクト対応です。
フィデューシャルマーク付きスキャン画像のサポートをします。
■高密度点群:編集および分類
Agisoft Metashapeは精巧なモデル編集で正確な結果を得ることができます。
自動的なマルチクラスポイントの分類により、さらなる再構成をカスタマイズします。
インポート/エクスポートにより、従来の点データ処理ワークフローを利用できます。

■Agisoft Metashapeのデジタル標高モデル DSM/DTM生成
デジタルサーフェスやデジタル地形モデル - プロジェクトによって異なります。
EXIF メタデータ/フライトログ、GCP データに基づくジオリファレンスをします。
EPSG レジストリ座標系をサポート:WGS84、UTM、その他
ジオイド起伏グリッドに基づく設定可能な垂直データムします。

■Agisoft Metashapeのジオリファレンス・オルソモザイクの生成
ジオリファレンスオルソモザイク:GIS互換性の高いGeoTIFFフォーマット、Google Earthに配置するためのKMLファイル。

Agisoft Metashapeは巨大プロジェクト用にブロック単位でエクスポートします。
均質なテクスチャーのための色補正します。
ゴーストフィルタを内蔵し、移動するオブジェクトによるアーティファクトに対処します。
近距離プロジェクト用のカスタム平面投影および円筒投影オプションがあります。

■Agisoft Metashapeの地上波レーザースキャニング(TLS)登録機能
レーザースキャナーとカメラの位置を同時に調整することができます。
TLSと写真測量の深度マップを組み合わせることができます。
スキャナーデータのマニュアルアライメントのためのマーカーサポートと自動ターゲット検出します。
スキャナデータ内の不要なオブジェクトを無視するマスキング機能があります。

■Agisoft Metashapeはグラウンドコントロールポイント/スケールバーのサポートをします。
GCPのインポートにより、ジオリファレンスと結果の精度を管理できます。
コード化されたターゲットとそうでないターゲットを自動検出し、高速にGCPを入力できます。
スケールバーツールにより、位置決め装置を使用せずに基準距離を設定可能にします。

■Agisoft Metashape計測:距離、面積、体積
Agisoft Metashapeは距離、面積、体積を測定するためのツールを内蔵しています。
より高度な計測分析を行うために、写真測量処理の結果を様々なエクスポート形式により外部ツールにスムーズに転送できます。

■Metashapeの立体視計測
Agisoft Metashapeのプロフェッショナルな3Dモニターと3Dコントローラーは、正確で便利な特徴や測定目的の立体的なベクタライズをサポートします。

■Metashapeの3Dモデル:生成とテクスチャリング
Agisoft Metashapeは遺跡、遺物、建物、室内、人物など、さまざまなシーンに対応します。
様々なオンラインリソースへの直接アップロードや、多くの一般的なフォーマットへのエクスポートが可能です。
フォトリアリスティックなテクスチャ。HDRとマルチファイルのサポートをします。(UDIMレイアウトを含む)

■Metashapeの階層的なタイル型モデル生成
Agisoft Metashapeはテクスチャリングのためにオリジナルの画像解像度を維持したシティスケールモデリングです。
セシウムのパブリッシングです。

■Agisoft Metashapeのダイナミックなシーンのための4Dモデリング
Metashapeは映画芸術、ゲーム産業などのクリエイティブなプロジェクトのためのマルチカメラリグのデータ処理をします。

タイムシーケンスで再構築された3Dモデルによる数々のビジュアルエフェクトの基礎となります。

■Agisoft Metashapeのパノラマスティッチング
Agisoft Metashapeは少なくとも2つのカメラステーションがあれば、同じカメラ位置(カメラステーション)から撮影されたデータの3D再構成が可能です。
1つのカメラステーションのデータに対する360°パノラマステッチング。

■Agisoft Metashapeのマルチスペクトル画像処理
Agisoft MetashapeはRGB/NIR/サーモ/マルチスペクトル画像処理をします。
優先チャンネルに基づく高速再構成します。
マルチチャンネルオルソモザイクの生成とユーザー定義の植生指標(NDVIなど)の計算およびエクスポートします。

■Metashapeの自動送電線検出
Agisoft Metashapeはアラインメントされた画像のみを入力とするため、大規模なプロジェクトでも簡単かつ効率的です。
結果は、すべての電線について3Dポリラインモデルの形でエクスポートされます。
カテナリーカーブフィッティングアルゴリズムによるロバストな結果です。

■Agisoft Metashapeの衛星画像処理
各画像の十分な精度のRPCデータが利用可能であれば、パンクロマチックおよびマルチスペクトル衛星画像に対する共通の処理ワークフローがサポートされています。

■PythonおよびJava API
Agisoft Metashapeはバッチ処理に加え、PythonスクリプトとJavaバインディングにより、高度な自動化およびカスタマイズが可能です。アプリケーションGUIへのカスタム処理操作の追加から、ジョブの完全自動化、PythonまたはJavaパイプラインへの統合まで、幅広く対応します。

■Agisoft Metashapeのネットワーク処理
ローカルコンピュータネットワーク上で分散計算を行い、複数のノードの力を合わせて、1つのプロジェクトで巨大なデータセットを処理することができます。

■Agisoft Metashapeのクラウド処理
クラウド処理インターフェースにより、写真測量パイプラインのハードウェアインフラを節約できます。さらに、さまざまな処理結果を可視化して同僚や顧客とオンラインで共有したり、公開したプロジェクトを独自のウェブプラットフォームに組み込んだりすることも可能です。

【Agisoft Metashape Professional Edition機能まとめ】
●写真測量処理のコアとなるワークフロー
写真測量用三角測量
高密度点群生成・編集
3Dモデル生成とテクスチャリング
ジオリファレンス付きDSM/DTMの生成
トゥルー/DTMベースのオルソモザイク生成
グランドコントロールとチェックポイントのサポート
フライトログやGCPを利用したジオリファレンス機能
マーカー/スケールバー対応
コード化/非コード化ターゲット自動検出

●各種センサーからのソースデータ
フレーム/フィッシュアイカメラ対応
ビデオデータのインポート
球体・円筒形カメラ対応
マルチカメラシステム対応
マルチスペクトル画像処理、熱画像処理
地上波レーザースキャンデータの登録・処理
衛星画像処理
フィデューシャルマーク付きスキャン画像対応

●計測・解析
座標・距離・面積・体積測定
立体視計測
NDVIなどの植生指標算出
送電線自動検出
高密度点群の分類
標高等高線生成
オルソモザイクのシームライン編集

●自動化オプション
バッチ処理
Pythonスクリプト内蔵
スタンドアロンPythonモジュールおよびJavaライブラリ
ヘッドレスオペレーション対応

●ビッグデータ処理
GPUアクセラレーション対応
階層的なタイル型モデル生成
ネットワーク処理
クラウド処理

●遺産や芸術プロジェクト向けの特別な機能
ディフューズ、オクルージョン、法線テクスチャマップの生成
球状パノラマのスティッチング
複雑な現場でのミッションプランニング
ダイナミックなシーンのための4Dモデリング

●成果物のプレゼンテーション
フライスルービデオレンダリング
3次元PDFエクスポート
各種オンラインリソースへの直接アップロード
Agisoftビューア


【Standard Edition】
■写真測量による三角測量
デジタルカメラからの各種画像の処理をします。
フレーム(魚眼を含む)カメラのオートキャリブレーションをします。

■Agisoft Metashapeの高密度点群生成
精緻なモデル編集による正確な結果です。

■3Dモデル:生成とテクスチャリング
遺跡、遺物、建物、室内、人物など、さまざまなシーンに対応します。
様々なオンラインリソースへの直接アップロードや、多くの一般的なフォーマットへのエクスポートが可能です。
フォトリアリスティックなテクスチャ。HDRとマルチファイルのサポートをします。(UDIMレイアウトを含む)

■パノラマスティッチング
少なくとも2つのカメラステーションがあれば、同じカメラ位置(カメラステーション)から撮影されたデータの3D再構成が可能です。
1つのカメラステーションデータに対する360°パノラマステッチングをします。


【Agisoft Metashape Standard Edition機能まとめ】
●写真測量処理のコアとなるワークフロー
写真測量用三角測量
高密度点群生成・編集
3Dモデル生成とテクスチャリング

●各種センサーからのソースデータ
フレーム/フィッシュアイカメラ対応
ビデオデータのインポート

●自動化オプション
バッチ処理

●ビッグデータ処理
GPUアクセラレーション対応

●遺産や芸術プロジェクト向けの特別な機能
ディフューズ、オクルージョン、法線テクスチャマップの生成
球状パノラマのスティッチング

●成果物のプレゼンテーション
フライスルービデオレンダリング
3次元PDFエクスポート
各種オンラインリソースへの直接アップロード


■ライセンスについて
Node-locked license
*以前スタンドアロンライセンス
1つのライセンスで1台のPCでのみプログラムをアクティブ化できます。必要に応じて別のコンピューターにライセンスを転送できます。

Floating License
フローティングライセンスを使用すると、プログラムを必要な数のコンピューターにインストールして、購入したライセンスの数が示す数のシステムでいつでも実行できます。1台のPCを「ライセンスサーバー」として指定する必要があります。インストールされているライセンスサーバーユーティリティは、プログラムがインストールされているコンピュータのネットワーク全体でのライセンスの配布を管理します。
*Floating Licenseは、Agisoft Metashape ProfessionalEditionでのみ利用できます。

Educational license
正式に認定された教育機関のみが使用出来るライセンスもございます。
詳細はお問い合わせください。


■ライセンスオプション
30日間の無料トライアル*
ノードロック(永続的)*
フローティング(パーペチュアル)
サービスプロバイダーライセンス(年間/従量制)

■OS
Windows、Mac OS X、Debian / Ubuntu*

試用版ダウンロードはこちら


【種別】シェアウェア
【言語】英語
【動作環境】メーカーのホームページ参照 http://www.agisoft.com/downloads/system-requirements/
SSL GMOグローバルサインのサイトシール