ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

Seasearcher

数量の確認

合計数量:0

カテゴリ

営業カレンダー

2023年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2023年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤字は休業日です

PF_RING ZC(Zero Copy)は、任意のパケットサイズで1/10 Gbitラインレートのパケット処理(RXとTXの両方)を実行する柔軟なパケット処理フレームワークです。

10/40 Gbit PF_RING ZC Intel [Linux]

商品コード:
10011389

-

メーカーへの確認が必要な製品です。見積依頼からお手続きください。

メーカー:
ntop
JANコード:
10002365
関連カテゴリ:
開発&プログラミング > 開発ツール
PF_RING ZC(Zero Copy)は、任意のパケットサイズで1/10 Gbitラインレートのパケット処理(RXとTXの両方)を実現することができる柔軟なパケット処理フレームワークです。プロセスやVM(KVM)通信のパターンを含むゼロコピー操作を実行します。

スレッドやアプリケーション、および仮想マシンから使用できる単純なビルディングブロック(キュー、ワーカー、プール)を実行する柔軟なAPIを備えていますので、10Gbit回線速度でパケット処理が実行できます。

<シンプルでクリーンなAPI>
PF_RING ZCには、数行のコードで複雑なアプリケーションでも簡単に作成できるAPI機能があります。


PF_RING ZCには、カーネルモードとバイパスモードの両方で使用できる新世代のPF_RING対応ドライバ機能があります。インストールが完了すると、ドライバは通常のネットワークドライバ(pingやSSHなど)を実行できる標準的なLinuxドライバとして動作します。PF_RINGを使用すると、バニラドライバよりも高速作動します。ゼロコピー(例:pfcount -i zc:eth1)のPF_RING対応ドライバを使用してデバイスを開くと、デバイスは先行するDNAと同様に、カーネルバイパス経由でゼロコピー・アクセスするため、標準ネットワークでは利用できなくなります。デバイスにアクセスするアプリケーションを閉じると、標準的なネットワーク作業が再度実行できます。

<仮想マシンへのゼロコピー操作(KVM)>
PF_RING ZCでは、PCIeパススルーなどの技術を使用しないため、KVM仮想マシンのゼロコピーで(RXとTX)パケットを転送することができます。VM上でZCデバイスを作動するので、ZCデバイスの作成後にKVMコードのパッチ処理や、KVMを起動することなくVMからゼロコピーでトラフィックをキャプチャ/送信することができます。1行のコードも変更することなく、物理ホストと同じコマンドを使用して、KVMに10ギガビットの回線速度を行えるようになりました。

<ゼロコピー操作>
前バージョンのLibZeroと同様に、PF_RING ZCは、スレッドやアプリケーション、VM間でゼロコピー操作を実行できます。アプリケーション間でゼロコピーパケットのバランスをとるか、パケットファンアウトを実行できます。PF_RING ZCでは、すべてがゼロコピーのラインレートです。

試用版ダウンロードはこちら


メーカーの製品サイト
https://www.ntop.org/products/packet-capture/pf_ring/pf_ring-zc-zero-copy/

【種別】シェアウェア
【言語】英語
【動作環境】Linux