デザイン、ワークフローを強化

 

14日間のフリートライアルはこちらから!

リアルタイムウォークスルー

Enscapeのリアルタイムテクノロジーを使用すると、プロジェクトは完全にレンダリングされた3Dウォークスルーとして視覚化され、 いつでも、あらゆる角度からナビゲートおよび探索できます。 EnscapeとCADプログラム間のライブリンクを使用すると、プランのすべての更新を即座に追跡できます。 Enscapeをワークフローに追加して、作成と革新に時間をかけることができます。



バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティの魅力的なリアリズムでデザインを探索してください。 Oculus RiftSやHTCViveなどのVRヘッドセットをすばやく接続して、プロジェクトを歩いたり飛んだりする準備をします。 素晴らしい体験をお約束します。



エクスポート機能

Enscapeは、誰とでも共有またはコラボレーションするためのさまざまなオプションを提供します。 デザインチーム、クライアント、その他の利害関係者は、3Dレンダリングされたデザインを簡単に探索できます。 Enscapeがあれば、彼らは特別なソフトウェアや超強力なコンピューターを必要としません。


バッチエクスポート
お気に入りのビューを確立し、高品質の画像を連続してエクスポートします。



360°パノラマ
モバイルで表示したり、QRコードで共有できる見事なパノラマを作成します。

Click to try the Enscape Panorama

ビデオのエクスポート
プロジェクトのビデオウォークスルーをすぐさま作成します。



スタンドアロン
完全にレンダリングされたexeファイルまたはWebスタンドアロンとして、作業内容を誰とでも共有できます。

雰囲気の設定


雲の密度や種類を調整して、シーンの雰囲気と感触を完璧にします。 定義したパラメータに応じて、レンダリングは明るくまたは暗くなり、雲は厚くまたは薄くなります。 時刻を調整して、雲がダイナミックなEnscapeの空を横切って移動するのを確認します。

時刻
1日のさまざまな時間帯の照明状況をシミュレートしたり、夜間の建物の人工照明のコンセプトを確認できます。 特定の時間に世界の任意の都市の日光の状態を知りたい場合には、場所を指定します。

ホワイトモード
視聴者に素材や色ではなく、建築物に集中してもらいたい場合には、ホワイトモードをオンにします。 すべての色は白に設定されますが、光沢やパンフなどのほかのパラメーターは、シーンの自然な外観を維持するためにそのままです。

 

ライトビュー
モデルのライト分析を生成する場合は、ライトビューを有効にするだけです。 このオプションは、各表面にどれだけのルクスが落ちているかを表示します。 ライトビューを有効にし、時刻を調整して、モデルが任意の時間にライトとどのように相互作用するかを確認します。

 

画像効果
映画のような景色と雰囲気は、画像設定で調整できます。 プロのデジタル一眼レフカメラを使用して撮影したようにレンダリングを作成します。 ブルームまたはレンズフレアの強度を調整して、特定のディテールを明るくしたり、画像全体を明るくしたりします。

 

Volumetric Fog
フォグは、光線をより見やすくすることで、シーンに奥行き感を与えます。 ほこりの散乱や濃い霧の層をシミュレートするために使用します。時刻はフォグの色に直接影響します。 日没時はさらに影響が強くなります。シーンにフォグを試してみてください。

Depth of Field (被写界深度)
あなたが望むものに焦点を合わせます。この設定では、モデルのどの部分を目立たせるかを選択しました。 特定の詳細に注意を促し、他の部分をぼかして動的な画像を作成します。

 


ワークフローツール

コラボレーティブアノテーション
変更リクエスト、重要な提案、問題のいずれであっても、新しいコラボレーティブアノテーションを使用して、 プロジェクト内の問題を直接強調表示します。 進捗状況を共有し、コンテキストを維持し、チームや外部メンバーとの継続的なコミュニケーションが可能です。

カスタムアセットライブラリ
新しいカスタムアセットライブラリを使用すると、プロジェクトに必要なすべてのアセットを追加できます。 個人用でも、企業のブランディング基準を満たす場合でも、特注のアセットをデザインに含めることができます。 このエキスパート機能を使用すると、特別なタッチを追加して、独自のデザインエクスペリエンスを作成できます。

正投影ビュー(Orthographic Views)​
平面図または断面図がなければ、プロジェクトは完了しません。多くの場合、それがデザインの範囲、サイズ、意図を表す最も明確で簡単な方法です。 ワンクリックで、3次元プロジェクトから2次元ビューを作成できます。 いくつかの平らな視点を簡単に切り替えて、平面図や側面図の断面図を作成できます。

BIM情報
BIMモードでは、必要なすべての情報をすぐに利用できます。 Enscapeウィンドウで単一またはグループ化された要素をクリックするだけで、利用可能なすべてのBIMデータがすぐに表示されます。 または、BIMモードメニューで要素を検索すると、Enscapeウィンドウで強調表示されているオブジェクトの1つまたはすべてのインスタンスがすぐに表示されます。



お問い合わせはこちらの お問合せフォームからどうぞ。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール